FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン

【お知らせ】ウォンバットのワンダー死亡。【ワンダー】

下記のツイートで、ワンダーの訃報を知った人が殆どだと思いますが…。
今月25日(土)に、長年連れ添ったワインを残し、ワンダーが一足先に子供達の待つ天国へ旅立ってしまいました。

ようやく念願の新しいウォンバット達が来園したばかりだったので、とにかく残念でなりません。



wd0540(お外でまったり02)

◆ワンダー(メス)◆
・1989年生まれ(享年28歳)
・体重=11.60kg(11月測定時)

1990年にワインとティア(享年14歳)と共に五月山動物園にやってきたワンダー。
オーストラリア国外初で、日本初の出産経験を持つワンダーは、サツキ(姉)とさくら(妹)のお母さんウォンバットでもありました。

※ さくらは2005年に、サツキは2012年に、それぞれ死亡しています。

今月23日頃から急な冷え込みで体長を崩していたワンダーは、点滴などの治療を受けていましたが、回復することなく25日(土)未明に動かなくなっているところを発見されました。死因は老衰でした。
人間の年齢に換算すると、100歳近い長寿でした。

来月11日まで、飼育舎の前に献花台が設置されます。
お時間のある方は、是非、最期のお別れに会いに行ってあげて下さい。

20171117wannda.png

▲画像は今月17日(金)の、夜間。
 お部屋でご飯をモグモグッしているワンダーです。

この画像からも分かる通り、本当に少し前までワンダーは元気にしていました。
なので姿が見えなくなっても、いつも通り、ただお部屋に篭っているだけだと思いこんでいました。
それがまさかこんな事になってしまうなんて…。
年齢を考えれば驚くことでもないのでしょうが、ワイン共々本当に元気に楽しそうに日々過ごしていたので、ついついワンダーが高齢だという事を忘れがちになっていたのも事実です。

後に残されたワインは寂しそうではありますが、もう少しだけこちら側で、残るウォンバット達と共に元気に過ごして欲しいと思います。

ワンダーが死んでしまった事はとても悲しくて寂しい事なのですが…。
これでもう、冬場の寒さに震えたり、床ずれになったりすることがなくなったのだと思うと、良かったねという気持ちにもなり、何だか複雑です。

最期に、ブログからではありますが、ワンダーのご冥福をお祈りさせて頂きます。


□■関連記事■□
ウォンバットてれび-お知らせ
高齢ウォンバット老衰死 人間なら100歳(産経ニュース)
大阪の高齢ウォンバットが老衰死、人間なら100歳相当(日刊スポーツ)
ウォンバット 五月山動物園の「ワンダー」大往生(毎日新聞)
スポンサーサイト
blogram投票ボタン

【ウォンバットの体重】2017年11月分。

wd0567(お外でモグモグ)

画像はお外で『お食事タイム』中のワンダーです。

 ▼2017年10月-2017年11月分ウォンバットの体重
名   前性 別10月11月
 ワイン オス 18.20kg17.60kg
 ワンダー メス 穴の中11.60kg
 フク オス 18.70kg18.20kg
 コウ オス ----11.30kg
 マル メス ----12.60kg
 ユキ メス ----12.60kg

仲間が増えて初めての体重測定。
残念ながら、ユキは測定できず…。
ワンダーに至っては、これが最期の体重測定となってしまいました。
blogram投票ボタン

【ウォンバットの体重】2017年06月-10月分。

今回は、五ヶ月分まとめての更新になります(;´・ω・)

w09461(お外でモグモグ)

画像は東屋の下で『お食事タイム』中のワインです。

 ▼2017年06月-2017年10月分ウォンバットの体重
名   前性 別06月07月08月09月10月
 ワイン オス 18.80kg18.50kg18.50kg18.60kg18.20kg
 ワンダー メス 13.00kg穴の中穴の中穴の中穴の中
 フク オス 19.30kg19.10kg18.70kg19.20kg18.70kg

なんとワンダーは、6月の測定以降、ずっと測定日は穴の中Σ(⦿_⦿;)!?
流石に四ヶ月連続で穴の中だと、ちょっとビックリしますよね。
来月は出てきてくれると良いのですが…。
blogram投票ボタン

【お知らせ】お名前決定&発表。

公募されていた、新しいウォンバット三匹の名前が無事決まり、『広報いけだ11月号』にて発表されました。


※ 応募期間は2017年10月5日(木曜日)から10月13日(金曜日)までの9日間で、応募件数は1,289件


新しいオスの名前は、幸せに育って欲しいという願いが込められた『コウ』。
フクと併せると『幸福』となるのも素敵ですよね。

そして『コウ』のパートナーとして一緒にやってきた、片腕が白い女の子の名前は『ユキ』。
読みの通り、白い雪をイメージして付けられたそうです。

この子は予想通りというか…。
多分、身体的特徴の白い腕が名前の由来になるんだろうと思っていたらその通りになりました(´・ω・`)

そして最期はフクのお嫁さん。
フクと丸く円満に過ごして欲しいという事から『マル』と名付けられました。

また、『マル』という名前には、フクの名前と併せる事で、池田市のイメージキャラクターである『ふくまる』になるからという意見も多数あったそうです。

フクに新しいお嫁さんをっ!
というのが一番の目的だったので、自然とフクと絡めた名付けが多くなったのかもしれませんね。

新顔ウォンバット

そんなわけで、早速新しい三匹のウォンバットのイラストを描いてみました(=゚ω゚)ノ
あまり個体差が表現しにくい絵柄なので、最終的に頭のリボンや首のバンダナの色で区別を付ける事になるのですが…。

フクのお嫁さんは気持ちホッソリ。
男の子は毛色が薄く首元にモフッと感を。
そして片腕が白い、女の子。(左右を間違えないように注意っ!!)

といった感じに仕上がりました。
いかがでしょうか?

blogram投票ボタン

【お知らせ】新ウォンバットのお名前募集。

昨日無事、五月山動物園にやってきた三頭のウォンバット達。
ただいま池田市では、その愛称を公募しています。

是非皆さん応募してみて下さい(=゚ω゚)ノ

■応募期間■
平成29年10月5日(木)午前9時-10月13日(金)

詳しい応募方法は、コチラをご覧ください。 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

※ 画像は池田市広報ページよりお借りしています。

1_201710051434072c4.jpg

▲オス1

2_20171005143406aff.jpg

▲メス2

3_201710051434058b4.jpg

▲メス3

公開されている写真を拝見した第一印象としては…。

オスはトンガリお耳とモフモフッの体毛。
ほんのり白い胸元が印象的でワンダー似。

メス2はサツキ(ワイン?)似でウォンバットらしい見た目と左腕の白い体毛が特徴的。

メス3はアヤハに似ていて幼いアヤハのよう。

と、思いました(´・ω・`)
皆さんはどうですか?



■関連ニュース

ウォンバット3頭が仲間入り
大阪・池田市の五月山動物園で、オーストラリアから贈られた有袋類のウォンバット3頭が、新たに仲間入りすることになり、5日、お披露目式が行われました。
お披露目されたのは、池田市と姉妹都市の提携を結んでいる、オーストラリア・タスマニア州のローンセストン市から、4日到着したばかりの1歳のこどものウォンバット3頭です…


只今のサイズは、だいたい体長60cm、体重10kgくらいです。
blogram投票ボタン
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

くーたん

Author:くーたん
ウォンバットらぶ。
五月山動物園は遠いので、ウォンバットてれびに張り付いています。千葉にウォンバットが来る日を夢見て…。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
 
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
track word
QRコード
QR
OTHERS


blogram投票ボタン
  • seo





ウォンバット

ウォンバット
価格:8,800円(税込、送料別)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。